読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株と投資信託と個人型DCと。

30代個猫投資家の徒然日記。株式投資、iDeCo、FX、セゾン投信、ひふみ投信、先物、CFDなど、色々やってます。投資で資産を増やすべく日々邁進中。



ふるさと納税と確定拠出年金をした結果(住民税の通知が来ました)

ふるさと納税 個人型DC(iDeCO)

f:id:mieezore:20150915185903j:plain

昨年から始めた「ふるさと納税」「個人型確定拠出年金」ですが、ようやく住民税の通知が来ました。

まずは【所得税】。

ふるさと納税額×約10%(年収によって所得税率の%は変わります)
確定拠出年金額×約10%( 〃 )
が、今年2月に行った確定申告で還付されました。
確定拠出年金については、年末調整で還付可。
詳細はホームページにて。


次に、【住民税(特別区民税・都民税)】です。

確定拠出年金額の全額が「小規模企業共済」として、所得控除されます。
ふるさと納税額-2,000円)とほぼ同額が、住民税から控除されていました。

簡単に説明するとこんな感じですが、年収や家族構成、住宅ローン控除の有無で、ふるさと納税で控除される金額の上限は変わってきますので、ご自身で確認をお願いいたします^^

米子市から、ふるさと納税をどのように使ったかの報告書が届きました♪
幼稚園バスに使ってもらったり、なんだか温かい報告書でジーン(:_;)
キャラクターのヨネギーズもとってもかわいいです♪

ふるさと納税は今年度から、控除額の上限が個人住民税所得割額の約1割から約2割に拡充(控除限度額が2倍になるという事ではない)らしいです。

ふるさと納税ワンストップ特例制度」(申請が必要)を使えば、5自治体までであれば確定申告は不要になったようです。

※ワンストップ制度を利用した場合は、所得税の還付はなくなり、すべて住民税で控除されます。

とにかくオススメなふるさと納税(^o^)

総務省「ふるさと納税のしくみ 税金の控除について」

関連記事

mieezore.hatenablog.jp

 こちらもどうぞ 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp