読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株と投資信託と個人型DCと。

30代個猫投資家の徒然日記。株式投資、iDeCo、FX、セゾン投信、ひふみ投信、先物、CFDなど、色々やってます。投資で資産を増やすべく日々邁進中。



10万円で米国株を買う③損益状況とP&Gの活動

f:id:mieezore:20150926173503j:plain

今月、マネックス証券で初めて買った米国株。P&Gの株を12株買いました。

株価はどうなっているかというと・・・
買値 68$ → 現在値 72.67$
おー騰がっています!
1$=120円で換算すると、約6,700円分になります。

円→ドルに換算した時のレートは、119.55円でした。もし仮に、1$=100円になった場合、P&Gの株価が変わらなくても含み損になります。逆に、1$=150円になって、さらにP&Gの株価も騰がった場合、大きな含み益になります。

為替レートも影響してくるのが、米国株のリスクでもあり、面白さでもあるんだー!!とようやく気づく(笑)

ファブリーズに惚れて購入したP&G株ですが、ホームページをじっくりと見てみました。英語は読めないので、日本のサイト。

まずは製品。本当に、よく目にして知っているものばかりです。
アリエール、ボールド、レノア、ジョイ、ファブリーズ、パンパース、ウィスパー、パンテーン、ヴィダルサスーン、ウエラ、SKーⅡ、マックスファクター、ジレット、ブラウンなどなど。

マックスファクター、ウエラ、ジレットなどは、買収した会社の製品です。
逆に、クレアラシル、プリングルズは他社に売却しています。

本社は、アメリカ合衆国オハイオ州従業員数は10万人を超えています。
1837年に、ローソク業者のウィリアム・プロクターと、石鹸業者のジェームス・ギャンブルが共同で出資して会社を作ったそうです。
ウィリアムとジェームスの妻同士が姉妹とのこと。つまるところ親戚同士?

ビジネス誌フォーチュンでは、「社員の能力」世界ランキング第1位

さすがの巨大企業なだけあって、商品開発や環境保全にも、積極的に取り組んでいます。国内での社会貢献活動をご紹介したいと思います!

理事長は「女性の品格」の著者である坂東眞理子さんです。働くママや出産を控えた女性のためのカウンセリングやセミナー、ワークショップを行っています。

がん治療中の女性にウィッグを提供しています。
ウィッグには、看護学生さんが約半年間かけて伸ばした髪を使用したそうです。もちろんP&Gの製品であるパンテーンを使用。

「チャイルド・ケモ・ハウス」を支援。小児がんと闘う子どもたちが、家族と一緒に滞在できる日本で初めての専門治療施設だそうです。
ただでさえ、病院での入院や治療はこわいですしね。家族が一緒なら安心です。
施設に製品の提供や、社員ボランティアの派遣を行っているそうです。

社員ボランティアが、高校生にP&G製品の科学的側面を英語で授業する「Science in Life=暮らしの中の科学」プログラムを提供。だいぶレベルの高そうな授業!

リーフレットと紙おむつの教材セットを、希望のあった自治体に無償で提供しているそうです!すっすごい。

少しでも早く日常を取り戻せるように、迅速かつニーズに合った支援を心がけているそうです。ニーズに合った、というのは大切ですね。

特に、お子さんと女性に対する支援活動に力を入れているとのこと。

災害時の備蓄品に関しては、関西広域連合と協定を結んで、おむつ等を寄贈。災害が起きても、物資を届けられないと意味がないですもんね。

社員ボランティアでも様々な支援をしていて、「P&G従業員寄付基金」で寄付を募ったり、寄付先の活動もお手伝いしているそうです。P&G自体も、資金面や運営面で、社員をサポートしているのがすごい。

P&Gがある六甲アイランドの地域貢献も行っています。33の団体に助成金を交付し、コイノボリ手染め大会など、国際的な街作りや子どもたちの文化交流が行われてるそうです!さすが、グローバル企業。


P&Gは、利益を自分たちだけのものにするのではなく、消費者に還元しているという印象を受けました。製品のことしか知りませんでしたが、これからも、応援したい企業です(^^)/

関連記事 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp