株と投資信託と個人型DCと。

30代ネコ。株式投資、iDeCo、FX、セゾン投信、ひふみ投信、先物、CFD、ビットコイン、色々やってるにゃ。

阿里巴巴集団(アリババ・グループ)でお買い物してみた~前編~


f:id:mieezore:20160827143733j:plainみなさん、こんにちにゃー!

 

 

昨日は、FRBのイエレン議長が9月利上げの可能性をプンプンにおわせたことで、ドル円が1円以上急騰!

そして、NYダウは下落。

 

「くりっく株365 NYダウ売」ポジションの含み損は減り、7万円となりました・・・減ったのはうれしいけど、相変わらずセンスのない投資が続いています。

 

 

 

先日、とあるショッピングサイトでクッションカバーを探していたのですが、「北欧」で検索していたところ、トトロのかわいいカバーを発見!

f:id:mieezore:20160827145912j:plain

↑これ

価格&送料で1,550円。どうやら販売者は中国人。

中国からの発送で、かなり日数がかかる模様。

 

 

うーん。微妙に高いなぁ・・・

と考えあぐねていたところ、あ!そうだ!自分で中国から買えばいいんだ!!と思い立ったわけでございます。

 

そこで見つけたのがアリババのサイト。

やはり案の定、同じ商品が売っていました!

 

 

 

投資家のみなさんなら、もちろん「アリババ・グループ」はご存知ですよね?

ソフトバンクの孫さんでも話題になりました。 

president.jp

 

20億円の出資が8兆円ですよ!?桁がすごすぎてよくわかりません(笑)

 

 

アリババは、いくつかのサイトを運営しています。

 

◆Alibaba.com(http://www.alibaba.com/

こちらは、企業と企業が取引するサイト。英語。個人向けではないです。

 

◆阿里巴巴1688.com(https://www.1688.com/

上記のサイトの中国語版。

 

◆淘宝網.com(http://www.taobao.com

タオバオ。個人と個人が取引するサイト。中国語のみ。日本でいうところの、いわゆるヤフーオークション。

 

◆天猫tmall(https://www.tmall.com/

企業と個人が取引するサイト。中国語のみ。日本でいうところの、いわゆる楽天。

 

◆AliExpress.com(http://www.aliexpress.com/

中国国外向け消費者のサイト。日本語にも翻訳できるけど、日本語訳が斬新すぎる(笑)英語で見るのが無難。

 

 

 

タオバオは、個人(しかも中国人)との取引なので、リスクが高すぎ!

トラブルがあった時には、中国語で対応しなければいけません。

間違いなく無理です(笑)

 

 

 

天猫とAliExpressでは、感覚的に10倍くらいの価格差がありました。

 

 

 

昔、中国に旅行したとき、路線バス(乗客で激混み)は20円くらい。

でも、スターバックスのコーヒーは500円くらいしました。

どうやら中国のスタバは世界で一番高い!らしいです。

 

 

当時は、中国人のお客さんは皆無だったように思います。

主に、駐在している外国人メインに感じました。

 

 

日本と中国の物価が10倍違うのだとしたら、中国人はスタバのコーヒーを5,000円で飲んでるということになりますよね!?

 

 

とにかく中国は、貧富の差が激しい印象がありました。

おそるべし、中国。

 

 

 

 

 

漢字といえども中国語は難しく、天猫で同じ商品を見つけることができず。

今回は、AliExpressでお買い物することに。

(ちなみに、トトロは中国語で「龙猫」。龍のような猫という意味だそーです!)

 

 

正直、中国のサイトから買うとどんな感じなのか、試しに買ってみたいという好奇心の方が大きかったです(笑)

 

 

しかも、ななななんと!

送料込で560円。破格です。

これなら、不具合があったとしても、諦めがつきやすい(笑)

 

 

ドルでの支払いも選べるのですが、日本円の支払とほとんど変わらないです。

むしろドルで買うと、クレジットカード会社のレートによっては不利になる場合も。

 

 

買い方は、普通のショッピングサイトと変わりません。

カートに入れて、購入の画面に進みます。

 

住所を入力して、クレジットカードで支払いの手続きをします。

 

一応、英語表記で住所を入力しましたが、国名に「Japan」を入れておけば、あとは日本語で書いても届くと思います(笑)

 

 

 

 

 

AliExpressの大きな特徴として、購入者が承認するまで、販売者に代金が支払われません。それまでは、アリババがお金を預かってくれています。

 

 

商品が届いて、商品に問題なければ「Confirm Goods Received」というボタンを押します。

 

もし、違う商品が届いたり、破損などがあった場合は、販売者に英語でコンタクトを取って、対応をお願いします。

 

 

それでも埒が明かない場合は「Open Dispute」 。紛争(汗)

 

 

 

 

 

トトロ(送料込560円)と、他のお店で鳥と鹿のクッションカバー(送料込810円)を注文してみたところ「注文受け付けたよー」という自動配信メールがすぐ届きました。

 

 

 翌日には「発送したよー」というメールも来ました。

 追跡番号もあるのでワクワク。

 

 

鳥と鹿の方

f:id:mieezore:20160827171752p:plain

金華という街から、上海空港に到着しています。

日本の郵便局のサイトでも追跡確認することができました!わーい。

 

 

 

トトロの方

f:id:mieezore:20160827173050p:plain

おやおや!?

なんと、追跡は中国のみ。日本では確認できないとのこと。

 

 

 

鳥と鹿は、「China Post Registered Air Mail」

トトロは、「China Post Ordinary Small Packet Plus」

 

なんかあれですかね、トトロの方はメール便的な低価格のなんですかね。

まさかの追跡不能です(汗)

 

 

 

 

 

そして一抹の不安が・・・・

このトトロ、バッタもんだよね!?

税関で没収とかされないよね!?

 

 

ルイ・ヴィトンが普通に(しかも大量に)5,000円くらいで売ってたのですが(笑)、さすがに偽ブランド品を輸入するのはまずいのは理解していましたが、トトロは・・・

 

 

いや、よく見るとこれはトトロではない!トトロ風です!!!

 

 

 

少し調べてみたのですが、私がこのトトロ風を「業」として販売する場合は問題があるのですが、個人が自己使用する分には問題ないらしいです。おそらく。

 

かと言って、偽ヴィトンを「自己使用するんで!」と言って、1個でも輸入することはできないと思います。 

 

詳しくはわからないのですが、知的財産権ですね・・・難しい。

 

でも、中国人か誰かが勝手に書いたトトロ風の絵を商品に使って、販売して利益を得るなんて・・・そんな商品を買ってしまうなんて・・・と、若干複雑な気分になってしまいました。

 

 

 

税関からお伺いの手紙が届かないことを祈りつつ・・・

商品は無事に届くのでしょうかー!?

 

 

後編につづく。