株と投資信託と個人型DCと。

東京在住30代ネコ投資家。投資は株からはじめました。FXで約20万円損したのが痛手。でも投資の醍醐味は損することなのだ。節税でiDeCoとふるさと納税やってます。毎月セゾン投信積み立て中。ひふみプラスも持ってます。ビットコインでちょっと儲かる。投資・資産運用の楽しさをお伝えします。はてな読者登録・Feedly購読などは記事内設置のボタンからお願いいたします♪




阿里巴巴集団(アリババ・グループ)でお買い物してみた~後編~

f:id:mieezore:20160902113856j:plain

 前回の記事の続きです。 

mieezore.hatenablog.jp

アリババでお買い物

商品が到着!

注文から10日で、鳥と鹿のクッションカバーが届きました。

こちらです!

f:id:mieezore:20160902114101j:plain

黒いビニール袋に入っていましたが、特に破損もなく、品質もなかなかgood!

やるな、中国!!

 

追跡について 

鳥と鹿のカバーで利用されている「China Post Registered Air Mail」は、細かいところまで追跡できます。

日本に到着した後は、日本郵政のサイトでも追跡可です。

 

画面はこんな感じ。 

f:id:mieezore:20160902114400p:plain

最後の「Collected at counter」で、私が郵便局の窓口で受け取ったことがわかりますね。

 

そして、トトロ風のクッションカバーは、なかなか届かず、なんとなく不安になってきたのですが、その2日後にポストに入っていました! 

f:id:mieezore:20160902114901j:plain

よーく見てください。「手工作品」と書いてあります。

もしかしたらこれは、偽造トトロから逃れるための言い訳かもしれません(笑)

 

前編にも書きましたが、個人が自己使用する分には、トトロ風なのは許してもらえるらしいです。こんな感じのが届きました。

f:id:mieezore:20160902122151j:plain

鳥と鹿の方より、若干品質が劣る感じもしますが、問題ないです!

 

トトロ風カバーの追跡画面はこちらです。

China Post Ordinary Small Packet Plus」は、日本国内では追跡できないのですが、中国郵政のサイトで追跡できました。 

f:id:mieezore:20160902122445p:plain

 

电子信息已收到 → 電子情報が受信されています 

已收寄 → 受け入れされています

已封发 → シールされています。英語にするとIt has been sealing. 印鑑押されました、承認されました的な?

离开 → 出発しました

计划交航 → これがいまいちよくわかりませんでした。英語にするとAirlines pay plan. 勝手に「航行中」と解釈しました。 

 

「计划交航」のまましばらく変化がなかったのですが、ある日突然、ポストに入っているという流れ。

 

本物だから意味がある

アリババのサイトでは、偽ヴィトンが大量に販売されています。

偽ヴィトンを自己使用のために買う気にはなりませんが、税関を通過して届くのかどうかは気になるところです。

 

でもやっぱり、ブランド品は、本物を買うからこそ意味があるんだと思います。

 

お店に入って、品物を選ぶところから始まり、雰囲気を味わったり、店員さんとのやりとりだったり、お金を払い、紙袋に入れてもらって、店を出る。

それも全部ひっくるめて本物なんだと思います。

 

中国でのヴィトンの売上 

最近は、中国でのヴィトンの売上が減っているそうです。

なぜかというと、「中国国内で販売されているものは信用できない」とのこと。

 

え!?正規店なのに信用できない!?

すごいです、中国。

中国人が日本でブランド品を爆買いしている意味が少しわかりました。 

biz-journal.jp

あと、どうやら中国のヴィトン職人さんが、本物と同じ偽物を作って、闇ルートに流しているそうです。

 

その偽物を「ルイ・ヴィトンのお父さん」と呼ぶらしい!(笑)

 

最近は、機密を盗まれないようにするため、中国の工場から撤退して、カンボジアや東南アジアに移転しているそうです。

 

また利用したい  

アリババは、またぜひ利用したいですね!

 

お店や品物をしっかり選べば、トラブルに巻き込まれることも少ないと思います。

世の中、大体のものはMade in Chinaなんですから!

 

そして、もっとクールな部屋を目指していたのに、気づけばなんだかポップなお部屋になっているのでした(汗)

 

では、またね!

 

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2017 All Rights Reserved.