株と投資信託と個人型DCと。

東京在住30代ネコ投資家。投資は株からはじめました。FXで約20万円損したのが痛手。でも投資の醍醐味は損することなのだ。節税でiDeCoとふるさと納税やってます。毎月セゾン投信積み立て中。ひふみプラスも持ってます。ビットコインでちょっと儲かる。投資・資産運用の楽しさをお伝えします。はてな読者登録・Feedly購読などは記事内設置のボタンからお願いいたします♪




台湾の猫村猴硐から九份へ!電車で1駅と近いのでどちらも観光できますよ

你好!みぞれです。

 

前回は、猫村の猴硐について書きました。 

mieezore.hatenablog.jp

 

そこから電車で1駅の瑞芳駅から行けるのが、千と千尋の神隠しの舞台になったとウワサされている九份です。(ジブリは正式に否定していますが・・・)

 

九份への行き方

九份への行き方は3つあります。

1 現地のツアー

2 台北駅→忠孝復興駅からバス

3 瑞芳駅からバスかタクシー

4 全部タクシー(お金がかかりすぎるので除外)

 

現地のツアーや日本からのツアーで申し込むと、天燈(ランタン)をあげられる十份などもバスで回れたりするので、一番便利で効率的だと思います。

 

忠孝復興駅からバスも120元程度と格安なのですが、1時間半から2時間かかるようです。

 

ツアーにするにしても、台湾は運転が荒いので、車酔いする方などは不安があるかもしれません。

 

私は猴硐に寄ったので、

行き→瑞芳駅からタクシー

帰り→瑞芳駅までバス

を使いました。

 

行きはタクシーで

さて、タクシーでの行き方なのですが、駅を出て左の方に乗り場が見えます。

黄色いタクシーが列を作っているのですぐわかります。

 

九份までの料金は一律で決められています。

看板に、205元との表示。

これは、1台の料金なので、何人で乗っても同じです。

 

前に日本人らしきカップルがいたのですが、早々に乗り込んでしまいました。

相乗りなどお願いできそうな場合は、声をかけてみるのもいいですね。

 

私は昼間に行ったので、九份へ向かう人が少なかったです。

夕暮れ近くなると人が増えるので、その時間なら相乗りだったのかもしれません。

 

まあでも日本円で800円程度なので、1人で乗っても許容範囲内ですかね。

 

看板をぼんやり見ていると、列を捌く係っぽい人に声をかけられます。

ちょっと話しただけで日本人とわかるようです。

(私たちも、少し話しただけで韓国人と中国人の違いはわかりますもんね)

 

「タクシー?きゅうふん?ニヒャクゴ。1台」と日本語で言われて、了承して乗り込みます。

 

九份に到着!

タクシーで15分くらいで到着します。

真面目な私は車内ですでに210元を出して握りしめています(笑)

着いた途端、お金をサッ!

若い運転手さんびっくり!「お釣りチョット待って~」と日本語で言われてしまいました(笑)

車内では一言も話さなかったけど、なんだーちょっとできるんだ日本語!

 

こんな感じでお店が立ち並んでいます。

とにかく人が多い!

f:id:mieezore:20180819170617j:plain

 

f:id:mieezore:20180819170743j:plain

 

 臭豆腐。こわくて食べられません。

f:id:mieezore:20180819170841j:plain

 

色んなお店が出ているので食べ歩きするのも楽しいと思います。

私はあまりの暑さ(40℃近く)に食欲を失い、何も食べませんでした。

 

頑張って上の方まで登ると、景色が広がります。

え!もしかしてあの島って日本!?と思ってテンションが上がったのですが、調べてみたところ、台湾の基隆というところらしいです。

f:id:mieezore:20180819171121j:plain

 

ここから少し戻って、猫ちゃんが屋根に乗っているお店の階段を下ると、例の有名な「阿妹茶楼」です。

※いつも猫ちゃんが屋根にいるとは限りません

f:id:mieezore:20180819171719j:plain

 

f:id:mieezore:20180819171827j:plain

 

f:id:mieezore:20180819171904j:plain

 

夕暮れ時になると、灯りがつきます。

f:id:mieezore:20180819172004j:plain

 

このお店はカフェになっています。寄れば良かったかな~。

f:id:mieezore:20180819172405j:plain

 

夕暮れ時まで待とうかとも思ったのですが、もうどうにもこうにも暑すぎて退散。

f:id:mieezore:20180819172540j:plain

 

ライトアップされた写真は、阪急交通社様のホームページから拝借しましたのでご覧ください~。

f:id:mieezore:20180819172814j:plain

 

近くにワンちゃんが!

写真を撮ろうとすると、ポーズを決めてくれました!

f:id:mieezore:20180819172949j:plain

 

なぜかその後も私を見つめています(笑)

f:id:mieezore:20180819173317j:plain

 

f:id:mieezore:20180819173403j:plain

 

お土産屋さんの軒先で猫もゴロゴロと転がって寝ています。

f:id:mieezore:20180819173551j:plain

 

帰りはバスで

帰りはバス乗り場から、瑞芳駅行きのバスに乗りました。

バスの前に紙で大きく「瑞芳」と書いてあるので絶対わかります。

15元なので、タクシーとは15倍くらい差がありますね。

 

忠孝復興駅行きのバスももちろんありますが、混雑時は争奪戦になるようです!

2時間近く乗るので、みんな座りたいですしね。

遠慮していてはバスに乗れませんよ!

 

「上車収費」と書いてあったので、乗るときだけ悠遊カードをタッチします。

降りるとき、日本人のご夫婦が再度タッチしていたので、私もタッチしてみたのですが、エラーで赤いランプついてました。

 

瑞芳駅前もおすすめ

駅前も実は飲食店がたくさんありました。

念願のタピオカミルクティーを飲みます。

 

そして、各駅停車で台北市内へと戻りました。

 

まとめ

台北市内中心部から1時間半から2時間で着く九份。

夕暮れ時はノスタルジックな雰囲気が楽しめます。

屋台で食べ歩きもできますし、カフェでゆっくりするのもいいですね。

 

台湾旅行の際は、ぜひ訪れておきたい町です。

 

では、再見!

 

関連記事

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

 

 

 

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2017 All Rights Reserved.