株と投資信託と個人型DCと。

東京在住のネコ投資家。 投資は株からはじめました。 FXで約20万円損したのが痛手。株でも20万円損切りに! でも投資の醍醐味は損することなのだ。 節税でiDeCoとふるさと納税やってます。 毎月セゾン投信積み立て中。 ビットコインでちょっと儲かる。 FP2級・簿記3級・宅建保有。 投資・資産運用の楽しさをお伝えします。Feedly購読は記事内設置のボタンからお願いします♪




楽天VT・楽天VTIの実質コストが判明!そして私が決めたこと

f:id:mieezore:20180925143752j:plain

こんにちは。みぞれです。

 

これまでの楽天VT・楽天VTIプロジェクトの記事です。 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

 

楽天VTと楽天VTIの実質コストが判明!

最近、巷で噂になっているのが、楽天VTと楽天VTIの、第1回決算報告書が発表になり、実質コストが予想以上に高かった!ということです。

(知らない人は、「楽天 実質コスト」などでググると出てきますよ)

 

Twitterなどを見ていると総悲観状態ですが、みんな待って!あのファンドは、去年の10月に設定されたばかりよ!

 

そうです、まだ1年経ってないんですよね。

そりゃ、ブレますよ。

 

待つのも投資

「第1回決算報告書が出るまで楽天は買わない」と言っていたブロガーさんが何人かいましたが、さすがですね。

 

かと言って、第2回の決算報告までにはコストも安定してきているでしょうし、楽天さんもこのままじゃ顧客離れにつながる訳で、なんとか試行錯誤はしてくるはずです。

 

来年のNISAは一般NISAに戻します

そして、日曜日にムサコ会という、インデックス投資家さんのオフ会に参加させてもらったのですが、みなさんとディープな話を色々と話すうちに、決めたことがあります。

 

「来年は、つみたてNISAから一般NISAに戻して、直接、VTとVTIを買い付ける!」

 

ファンドのコストどうこうに振り回されているくらいなら、直接買っちゃった方がいいよねと。

 

「みぞれさん、自分で海外ETF買ったり確定申告できるよね?」と、褒められたのもあり、調子乗ってます(笑)

 

NISAでの買付手数料が無料の証券会社はたくさんある 

NISAであれば買付手数料が無料の証券会社が多いので、米国株や米国ETFの割高である買付コストが削減できます。

 

日本円をドル転することが面倒だなと思っていたのですが、 SBI証券 や楽天証券では円貨決済での買い付けも可能です。

 

SBI証券 では、「米国株式・米国ETFの定期買付サービス」もありました。

 

それと、つみたてNISAの40万円は、非課税期間が20年ありますが、今の私には金額が少し物足りなく感じました(強気!)

 

とりあえず、来年は一般NISAの120万円でバリバリやります!!!

 

配当金が二重課税になるので、確定申告して取り戻す必要がありますが、毎年確定申告してたんでした私。

(NISAは、国内で課税されないので、外国税額控除はできないとご指摘いただきました)

米国株式の配当金は、外国税額控除の適用を受けられますか? | SBI証券 

 

たぱぞうさんのブログ記事より

米国株の場合は米国内で10%の源泉徴収課税がされています。これは一般口座や特定口座では確定申告、外国税額控除によって一定額還付されます。しかしNISA口座では戻ってこないというデメリットがあります。

 

前に、プロクター・アンド・ギャンブル株で確定申告したのですが、勉強になったので、みなさん一度は確定申告は経験すべしです。

 

損益は??

実質コストどうのこうのありましたが、みんな悲観だけで激怒してないのは、とりあえず利益が出てるからでしょうか。

 

利益を確定して売却できるという選択肢があるのは強いです。

 

私の楽天VTと楽天VTIは、

一般NISAの楽天VT +26,644円

一般NISAの楽天VTI +57,599円

つみたてNISAの楽天VT +8,026円

つみたてNISAの楽天VTI +14,900円

 

f:id:mieezore:20180925142756j:plain

めちゃめちゃ好調ですね。

 

2020年はまたつみたてNISAに戻す可能性もありますが、投資をはじめて約5年。まだまだ迷走中です。

 

投資スタイルが確立してるとは言えないですが、少しずつ頑張ります。

他人に流されない自分らしい投資を!

 

では、また。

 

楽天VT・楽天VTIプロジェクトのつづき 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

 

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2019 All Rights Reserved.