株と投資信託と個人型DCと。

東京在住30代ネコ投資家。投資は株からはじめました。FXで約20万円損したのが痛手。でも投資の醍醐味は損することなのだ。節税でiDeCoとふるさと納税やってます。毎月セゾン投信積み立て中。ひふみプラスも持ってます。ビットコインでちょっと儲かる。投資・資産運用の楽しさをお伝えします。はてな読者登録・Feedly購読などは記事内設置のボタンからお願いいたします♪




2019年のNISAでVTとVYMを買ったよ

f:id:mieezore:20190117132452j:plain

こんにちは。みぞれです。

 

日曜日に、投信ブロガーが選ぶFund of the yearに参加しました。

懇親会も参加したのですが、協調性のなさを発揮してあまりみなさんと話せませんでした(笑)

 

つみたてNISAから一般NISAに

ところで、去年はつみたてNISAを選んだのですが、40万円では物足りないかなと思い、今年は普通のNISAに戻しました。

 

2017年にNISA、2018年につみたてNISAで買った楽天VTと楽天VTIは絶賛含み損です(笑)

 

NISAは株も買える

つみたてNISAは、積み立てる投資信託が指定されているので初心者向きなのですが、中級者以上にとっては、欲しい投信がなかったりすると使い勝手が悪いですね。

 

でも、だいたいの優秀な投信は、つみたてNISAに組み込まれています。

 

NISAのデメリット

2014年から始まったNISAですが、2018年末に初めて5年が経ちました。

 

ロールオーバーした方や特定口座に移管した人、色々だったかと思いますが、2018年12月末に予想だにしない大暴落!

 

投信やETFを買っていた人は、なんとかプラスで終えられた(?)とは思うのですが、含み益の減りがひどかったですよね。

 

あと、株を買っていて含み損だった人は、特定口座に移したと同時に、含み損が闇に葬られます。。損益通算ができません。お金をドブに捨てたも同然。

でも5年間、税金がかからず配当がもらえた。

 

私は、2014年の枠で買った株はすでに売却済みでした。

というか、2年以内には売った記憶(笑)

 

5年って短いよね

そう考えると、5年ってとても短いと思うんです。資産形成するには短すぎる。

 

なので、つみたてNISAができたのかな。

20年ですもんね。

 

高配当の日本株を買って、ある程度キャピタルゲインが見込めそうな時に、パパッと売ってしまうかも手なのかも。

 

VTとVYMを買ってみた

NISAについては色々と考える余地はありますが、とりあえず米国ETFを購入しました。

 

為替は109円で仕込みました。

住信SBIネット銀行なら、為替コストが片道4銭です!やっすう〜。たまに無料キャンペーンもやってます。

 

今のところプラスです。

諸般の事情により写真(笑)

f:id:mieezore:20190117125654j:image

どんなETFなのかは、たぱぞうさんなど著名なブロガーさんが詳しく紹介してるので見てみてください(丸投げ)

 

ちなみに、NISAだと外国税控除の対象外なので、米国で引かれてしまう10%の税金は取り戻せません。

 

それでも、SBI証券はNISAだと買付手数料が無料ですし、為替も自分で仕込めます。

 

あと、楽天などを通さないので信託報酬も安いです。

VTは、0.1%

VYMは、0.08%

 

楽天の実質コストが高かった!わーきゃー!なるくらいなら、自分で直接買えばええやんと思いました。

 

あとは何を買うのか?

あと100万円分の枠が残っています。

VTとVYMを買い増すか、高配当の日本株かREITにしようと思っています。

 

また、記事にしていきますね。

お楽しみに!

 

では、またね。

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2019 All Rights Reserved.