株と投資信託と個人型DCと。

東京在住のネコ投資家。 投資は株からはじめました。 FXで約20万円損したのが痛手。株でも20万円損切りに! でも投資の醍醐味は損することなのだ。 節税でiDeCoとふるさと納税やってます。 毎月セゾン投信積み立て中。 ビットコインでちょっと儲かる。 FP2級・簿記3級・宅建保有。 投資・資産運用の楽しさをお伝えします。Feedly購読は記事内設置のボタンからお願いします♪




モデナバイフレイザーバンコクに泊まったよ(Modena by Fraser Bangkok)

f:id:mieezore:20190330125141j:plain

サワディカ~。みぞれです。

先日タイ旅行に行ってきました。

エクスペディアでホテルと航空券を予約

エクスペディアで予約したのですが、初めてのタイ旅行だったので、それなりに綺麗で安全そうなホテルを探しました。

 

でも、いくら物価が安いタイといえども(実際思ったより物価は安くなかった。場所によっては日本より遥かに高い)、高級ホテルはやっぱりめちゃくちゃ高かった!

 

セントレジス、マンダリンオリエンタル、コンラッド、オークラ、メリディアン、マリオット、シェラトン、ウエスティン、シャングリラ、ペニンシュラ、グランドハイアット、インターコンチネンタル・・・名だたる高級ホテルがタイにもあります。

 

高級ホテルだと、航空券とホテル4泊セットでだいたい20万円弱でしょうか。

 

でも、日本で高級ホテルに泊まることを考えると十分に安いし、高級を選んでも良かったのですが、いやいや、だめよ、みぞれ、今回は我慢するのよ・・・と耳元で囁く声が・・・。

 

Modena by Fraser Bangkokに宿泊

というわけで、口コミが異様に良かった、モデナバイフレイザーバンコクを予約しました。トリップアドバイザーで評価は4.5です。

 

モデナバイフレイザーバンコクは、エクスペディアだと四つ星となっているのですが、三つ星プラス半ですかねぇ~。

 

私が、モデナバイフレイザーバンコクに泊まった感想としては、ビジネスホテルとしては四つ星という感じ。

 

フレイザーズグループは、ヨーロッパ、北アジア、中東、オーストラリアを中心にホテルを展開していて、大阪にもひとつ「フレイザーズレジデンス南海大阪」というホテルがありました。

 

写真を撮るのをすっかり忘れていたのですが、ロビーはこんな感じです。

Modena by Fraser Bangkokのロビー(公式HPから)

Modena by Fraser Bangkokのロビー(公式HPから)

なぜ、写真を撮り忘れていたのかというと、チェックインの時に、タイ人の英語が全く聞き取れず、動作でなんとか理解するという状況・・・。

 

台湾人の方が、格段に英語が聞き取りやすいですね。しかも、日本語の単語だけ話せる人も多い。

台湾旅行の記事はこちら。 

mieezore.hatenablog.jp

  

さらに、カードキーがエレベーターで反応せず、これも身振り手振りと、相手に全然聞き取ってもらえない日本語英語を使って伝えたので、疲弊していました(笑)

 

しかも、暑い!早く涼みたくて焦っていました。

旅行中は一度も雨が降らず(晴れ女です)、35~37℃の日が連日続く。

 

料金は?

料金なのですが、1泊5,444円でした。

4泊で合計21,776円。

航空券はタイ国際航空で、往復55,820円。

片道2.8万円は安い!

 

4泊5日の宿泊費と航空運賃は合計で77,596円!

(余談ですが、現地で使ったお金は約2万円でした)

 

10万円で十分に楽しめました!

下手に国内旅行するよりは、タイ旅行ですね。

 

室内はどんな感じ?

とっても綺麗です♪

odena by Fraser Bangkokの室内

 

odena by Fraser Bangkokの室内

テレビでNHKworldプレミアム(すべて日本語)が視聴できて、ホテルで日本語のニュースも聞けてホッとしました。

台湾でも、もちろん番組構成は違いますがNHKが観れました。

 

odena by Fraser Bangkokの室内

もう少し広い部屋なのかなと思っていたのですが、案外こじんまりとしていて、いわゆるビジネスホテルの高級版という感じです。

 

眺めがいいですね~。

odena by Fraser Bangkokからの眺め

 

お水、コーヒーやお茶

水は、毎日2本補充されます。ペットボトルではないので持ち歩けませんが、手持ちのペットボトルに詰めたりしました。

odena by Fraser Bangkokのお水など

台湾のホテルはジュースやスナックが無料だったり、ウェルカムフルーツもあったので、こちらは、最低限のサービスという感じ。

 

クローゼットは結構、収容力ありました。

バスローブ、アイロン、スリッパ、ドライヤーがあります。

odena by Fraser Bangkokのクローゼット

 

セキュリティボックスも完備です。 

odena by Fraser Bangkokのセキュリティボックス

 

バストイレ

トイレは、洗面所と同じ場所、兼脱衣所にあります。残念ながら、ウォシュレットはないんですよね〜。

odena by Fraser Bangkokのトイレ

年上の女性にタイ旅行の話をしたら、トイレットペーパーは?硬かった?柔らかかった?としつこく聞かれました。なぜか紙重視(笑)

 

ホテルのはやや硬めのダブル。公共施設では、日本でも高速道路のパーキングエリアなどでよくみかける、薄めのシングルペーパーを直径30cmくらいにグルグル巻きにしたロールが主流でした。あれ、取り出しづらいんですよね・・・。

 

水を流すボタンが、タンクの上にあるので、一度立ってから流します。

 

日本って、ほんとすごいですよねぇ。ウォシュレットにしても、流すボタンにしても機能的に配置してあります。

 

お風呂はシャワーしかありませんでした。

odena by Fraser Bangkokのシャワー室

シャワーをしてると、なんとなく水が臭かったので(土臭いような)、この水をバスタブに溜めて、のんびり入浴・・・というのは無理そうです(笑)

水温の調節は安定していて、水流は普通より弱めでした。

 

アメニティも一通りは揃っています。

odena by Fraser Bangkokのアメニティ

ティッシュがあるのはうれしいですね。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、歯磨き粉、シャワーキャップ、ソーイングセット、綿棒、コットン、爪研ぎのみです。

 

レストランやジム

朝食なしにしたので利用しませんでしたが、スタイリッシュで落ち着ける雰囲気のようです。公式HPから。

Modena Fraser by Bangkokのレストラン

Modena Fraser by Bangkokのレストラン

ジムもありました。プールはありませんが、タイではあまりプールには入りたくない・・・(汗)

Modena Fraser by Bangkokのジム

Modena Fraser by Bangkokのジム

場所は?

MRTブルーラインの「クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅」1番出口からすぐホテルが見えます。徒歩2~3分です。

 

繁華街である、スクンビット駅までは1駅。スクンビット駅から乗り換えてサイアム駅などにも行けます。

 

都心に出やすく、どこに行くにも比較的便利な場所でした。

ホテルの近くには飲食店はほとんどないのですが、セブンイレブンがありますよ。

 

 

まとめ 

4泊しましたが、特に不便や不自由もなく、綺麗で快適に過ごせました!

夜になると、エレベーターの横に警備員がいたので、セキュリティも高いです。

 

値段もお手頃ですし、バンコクへ来た際には、泊まってみてはいかがでしょうか~。

 

では、またね!

 

台湾で泊まったホテルの体験記です。 

mieezore.hatenablog.jp

 

SIMカードの記事です。今回のタイ旅行でも、Amazonで590円のSIMカードを買いました。 

mieezore.hatenablog.jp

  

バンコクのスワンナプーム空港で、プライオリティ・パスで利用したラウンジでの記事です。 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

  

 

タイでは水上バスを利用して観光しました。 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

 

おすすめの現金調達の記事です。 

mieezore.hatenablog.jp

 

 

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2019 All Rights Reserved.