株と投資信託と個人型DCと。

東京在住のネコ投資家。 投資は株からはじめました。 FXで約20万円損したのが痛手。株でも20万円損切りに! でも投資の醍醐味は損することなのだ。 節税でiDeCoとふるさと納税やってます。 毎月セゾン投信積み立て中。 ビットコインでちょっと儲かる。 FP2級・簿記3級・宅建保有。 投資・資産運用の楽しさをお伝えします。Feedly購読は記事内設置のボタンからお願いします♪




バンガード米国高配当株式ETF(VYM)から配当金をいただきました

f:id:mieezore:20190406120211j:plain

こんにちは。みぞれです。

 

前回の記事に引き続き、VTと同日にVYMからも配当金をもらいました。 

mieezore.hatenablog.jp

バンガード米国高配当株式ETF

今年のNISAで、VTとVYMを買っていました。

 

記事はこちらから。 

mieezore.hatenablog.jp

 

配当金は?

11株(約10万円分)持っているのですが、合計で7.17ドル。

1株あたり、約0.6518ドルです。

バンガード米国高配当株式ETFの配当金

バンガード米国高配当株式ETFの配当金

 

利回りは?

VTの利回りは1.5%程度ですが、VYMはその2倍の3%程度はありますね~!

名前が米国高配当株式なだけあります。

 

損益は?

VT同様に、その後、一度も買い増せていません(⌒-⌒; )

 

Twitterのフォロワーさんから、SBI証券は米国ETFの定期積立の設定ができると教えてもらったので、利用する価値はあるのかなと思っています。

 

でも、私は当初、自分のタイミングで買い付けたい!と意気込んでいたので、まだ下落相場で自分で安いところを拾う希望を捨てたくない(笑)

 

まあ、そんなことやって上手くいった試しがないんだけど・・・。

 

損益は、外貨建てでは+77.99ドル、円換算評価損益は+10,773円です。

VTとVYMではVTの方が値上がっている

VTとVYMではVTの方が値上がっている

 

注目ポイントは、VYMよりVTの方が値上がりしているところですね。

 

VTの方が利回りは低いけど、値上がりはしている。

結局、どっちもどっち的な雰囲気を醸し出しております。

 

NISAで買い付けると、確定申告で外国税控除ができないので注意

そう考えると、NISAで買った米国ETFは、確定申告で配当金の外国税控除ができないので、配当金の多いVYMの方が、米国での10%の税金を多く取られるので不利です。

 

いやーこれ、実際買ってみるまで気づきませんでしたね。

  

NISAでETFを買うと、配当金に対して米国で10%の税金がかかります。

国内の税金はもちろんかかっていません。

 

そのため二重課税とはならないので、確定申告で配当金を外国税控除することができません。

米国株式の配当金は、外国税額控除の適用を受けられますか? | SBI証券

 

なんとか買い増せるように時機を伺いたい

SBI証券で、定期積立の設定&自分でも買い増しのタイミングを見ていくのも面白いかもしれませんね!

 

進捗状況は、またブログでもお知らせします。

 

では、またね!

 

NISAで楽天VT・楽天VTIを買おうプロジェクトの記事です。

ぜひ読んでみてください^^

 

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

mieezore.hatenablog.jp

 

 

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2019 All Rights Reserved.