株と投資信託と個人型DCと。

東京在住のネコ投資家。 投資は株からはじめました。 FXで約20万円損したのが痛手。株でも20万円損切りに! でも投資の醍醐味は損することなのだ。 節税でiDeCoとふるさと納税やってます。 毎月セゾン投信積み立て中。 ビットコインでちょっと儲かる。 FP2級・簿記3級・宅建保有。 投資・資産運用の楽しさをお伝えします。Feedly購読は記事内設置のボタンからお願いします♪




SBI証券のiDeCoをオリジナルプランからセレクトプランに変えるための事前準備として全額定期預金にスイッチング

f:id:mieezore:20190411134143j:image

こんにちは。みぞれです。

 

私は約4年前から、個人型確定拠出型年金(iDeCo)に加入しています。

4年はあっという間でした。

 

掛け金は、1,242,000円に!

 

毎月自動で引き落とされるので、積み立てさせられた感は全くありませんでした。

積み立てのパワーはすごいですね。

SBI証券のiDeCoはセレクトプランが登場

2018年11月1日から、SBI証券のiDeCoに「セレクトプラン」 が設定されました。

 

私が加入しているのは、以前からある「オリジナルプラン」。

2つのプランの運用商品一覧はこちらから確認できます。 

SBI証券iDeCo(個人型確定拠出年金) 運用商品一覧 | SBI証券

 

なぜ2つのプランに分かれてしまったのか・・・

どうやら聞くところによると、「大人の事情」だそうです(笑)

 

そして、どう見ても、どう考えても、「セレクトプラン」の方が低コストの魅力的な商品が集まっています。

 

でも、iDeCoはまだまだ知名度が低く過渡期なので、振り回されてしまうのはしょうがないのかなと諦めています。

 

現在、SBI証券の運営管理機関手数料は無料ですが、以前は費用がかかっていました。

 

長くiDeCoをやっている分、税制面優遇の恩恵を受けているので良しとしよう。

 

これからiDeCoを始める人は、オリジナルプランは今後除外される予定の商品もあるので、セレクトプランにすることをオススメします。

 

SBI証券のサイトはこちらから。

 

iDeCoは長期投資!低コストの商品が多いセレクトプランに変更しよう!

セレクトプランに変えるには1ヶ月半〜4ヶ月かかる!?

Twitterやブログなどを見ていると、オリジナルプランからセレクトプランに変更するのに、4ヶ月かかるという情報を目にしました。

 

4月に手続しても、手続き完了するのは8月!?えーー!

 

その後、1ヶ月半で手続きが終わったという情報もありました。

 

5月に暴落は来るのか!?Sell in May・・・ではなくSell in April

「日本は10連休だから暴落が怖い」というのを、これもTwitterやブログを見ているとよく見かけます。

 

10連休中、日本市場は休場ですが、海外市場は開いています。

海外で悪いニュースが流れたときに、日本市場が休場中にヘッジファンドなどが、流動性が少ないところを狙って売りを仕掛けて来る可能性もあります。

 

実際、何年か前のGW中は、ものすごい円高に見舞われて、FXでドル円買いポジションを持っていた私は、旅行中に冷や冷やしていたことがあります。

 

なので今のうちに、利益確定やリバランスしておく!という人も多いようです。

 

Sell in MayよりSell in April!?

個人的には、みんなが心配してる時ほど、暴落は来ないかなぁと(^_^;)

GWは上がりそう。。

 

セレクトプランに変更すると現金化される 

2018年末の暴落の悪夢も記憶に新しいので、4ヵ月の間に何があるかわかりません。

そういえば、チャイナショックは夏に起きましたね。

 

オリジナルプランからセレクトプランに変更すると、一旦、すべてが現金化されます。

利益が利益確定され、損失は損失確定となります。

 

しかも、現金化されるタイミングがいつなのかわらかないらしい(笑)

 

DCニッセイ外国株式インデックスはスイッチングして定期預金にしました 

そう考えると、セレクトプランに変更中に暴落が来て、そのタイミングで現金化される可能性もゼロではない。

 

暴落時に、タイミング悪く現金化されて損失が発生するよりも、今、利益が出ている段階で確定させた方が良いのではないか!?

 

そう思い、利益が乗ってる今、積み立てているDCニッセイ外国株式インデックスファンドを利益確定して、すべて定期預金にスイッチングしました。

iDeCoはスイッチングしてすべて定期預金に

iDeCoはスイッチングしてすべて定期預金に

 

受渡金額が、1,391,658円

拠出金が、1,242,000円

確定利益は、 149,658円です。

 

定期預金の約定日が明日4/12なので、まだ資産には反映されていませんが、今後の拠出金も定期預金に変更しました。

 

あおぞらDC定期(1年)です。

iDeCoの毎月の拠出金は定期預金に変更

iDeCoの毎月の拠出金は定期預金に変更

 

iDeCoは初期手数料や加入・運用期間中に手数料がかかる

iDeCoは、初期手数料さらに、加入期間中や運用指図中にも手数料がかかります。

 

収入がなくなった場合、iDeCoの節税メリットはなくなってしまうので、掛金を拠出しない運用指図者になった方が良いのです。

 

でも、運用指図者になった場合も、毎月64円の費用がかかります。

SBI証券のiDeCoの諸経費

SBI証券のiDeCoの諸経費

 

 諸経費を引かれながらも、4年で149,658円の利益が確保できて、税制優遇もされたのであれば、まあ上出来としておこう!

 

セレクトプランでは何を積み立てるの?

オリジナルプランで積み立てていたのは、

DCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.20412%)です。

 

セレクトプランには、

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.11772%以内)があります。

 

信託報酬が2倍近く違うと、セレクトプランに変えざるを得ないですよねぇ。

また、ニッセイ外国株式にすると思いますが、現在検討中です。

 

また随時、ブログでご報告しますね。

 

では、また!

Copyright© 株と投資信託と個人型DCと。2015-2019 All Rights Reserved.